規 矩 準 縄

森本建築のスタッフが日常をお届けしています(^^♪

タグ:花見

桜の見ごろもピークを越えました。
ここ数日の強い風で散ってしまいそう。


IMG_6214


今日はタイトル通りです、柳の木のお話。
 

小さなころ、幽霊の話や挿絵には柳がつきもので
柳の木=怖い印象でした。
(今の子たちはあまり知らないのかな…?)
 

なぜ幽霊と柳はセットにされるのでしょうか?
ふと疑問に思い、調べてみました。


中国の古い考え方で、物事には「陰」と「陽」があるとされています。

ご存知の通り、「白」と「黒」、「月」と「太陽」、「光」と「闇」などなど…


「柳」は、木へんに「卯」と書きます。
「卯」は、東は日の昇る陽(東)の方角。
そして柳は冬から春へ勢い良く芽吹く生命力あふれる木です。

つまり、柳の木は「陽」の性質にあたるお目出度い木です。

(そういえばお正月に使うのも“柳箸” ですよね)


そして、幽霊は「陰」。

「陰」の幽霊は「陽」の柳と相性がよく、柳の木の下に出没するのだそうです。




ちなみにいまがシーズンの桜の木は、意外にも「陰」の木です。

桜の下で陽気に賑やかにお花見をするのは「陰」と「陽」が相殺されるので良いこと。
道理にかなっているということらしい…(という酒飲み達の大義名分になりそうです)

 


「陰」の木の近くには「陽」の木も植えられて
その空間の気をうまく中和させ、バランスが保たれているとかいないとか。

(うちの前はびしーっと桜並木なんですが…大丈夫?)


公園や街を散歩するときは、植林の配置を気を付けて見てみると
面白いかもしれません。



ちあき


 

桜の開花予報が始まりました
この週末はもうお花見できる地域もあるんですね

この辺りはまだ先になりそうです。
自宅の前は桜並木なので、満開になるのが待ち遠しいです。

先日、敦賀の粟野を走っていると、立派な梅の木に出会いました。
左下に注目です。
IMG_6150


(=^・・^=)


IMG_6144


ゴロゴロ喉を鳴らして、人懐っこい
IMG_6110


IMG_6132

 
時間を忘れて、木の下でしばしお花見
IMG_6134
 


気づけばもうすぐ3月も終わり、新年度ですね。
この間まで「もう2016年も終わるなぁ‥」と言っていた気がします。

週半ば、今日もがんばりましょう



★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★

ちあき

このページのトップヘ