規 矩 準 縄

森本建築のスタッフが日常をお届けしています(^^♪

タグ:空き家

先日森本建築にお客様が。

「空き家情報バンクを見てご連絡しました」と、県外からおおい町の空き家を訪ねて来てくださいました。

今回一緒に見学したのは、名田庄地区にある築約100年の茅葺きの古民家です。

「ここはサッシを替えなきゃいけないな」
「この部屋の間の建具を外してひとつのスペースにできるね」
「冷蔵庫の位置はここかな」

いまの間取りを活用しながら、新しい生活を想像します。


549E2234-D962-466F-B60F-F04750B55EE9





最近は、県外の方から空き家のお問い合わせが増えています。

【雪とウィンタースポーツ】【山やキャンプ場】【海のある景色】など、おおい町の空き家を見学にこられる方が「この町ではこんな生活ができるんじゃないかと思って!」と語ってくださって、お話を聞きながら、この町の新しい魅力や 暮らし方の多様性に気づかされます。


そしてやはり、家はそこで人が活動してこそ!です。
人が住まない家はあっという間に劣化してしまいますから…。


空き家の管理でお悩みの方、お声かけください。
地域の空き家の再生にすこしでもお手伝いできますように。

古民家や空き家の活用に関する仕事をするようになって、「この家、だれかに譲れませんか?」や「空き家を探しているんですが…」というお問い合わせをいただくようになりました。

最近ではこの近隣だけでなく、県外からも空き家の見学にいらっしゃる方がいます。


キャプチャ


「新しい家を建てること」のほかに
「いまある建物(空き家)を有効活用すること」
「先の大工職人の技術を学び、伝え残すこと」
もまた、建築に携わる者の使命なのだと思います。


新しい家には新しい家の、古い家には古い家の。
広い家には広い家の、狭い家には狭い家の良さがあります。

「その空き家、使いたい!」という方がどこかにおられるかもしれません。

森本建築では市町の「空き家情報バンク」に物件を登録し、次の使い手を探すお手伝いをしています。

空き家の管理でお困りの方・もう解体してしまおうかと悩んでいる方、よかったらいちどご相談くださいね。


おはようございます。

週末は東京に逃避していました。 

日曜に名田庄に帰ってきて、やはりこちらの雪の多さに驚愕…(((( ;゚д゚))) 
みなさん大丈夫ですか~!?
風邪ひかれませんよう。

さて、3/4(日)に小浜市宮川地区にて空き家見学ツアーが開催されるそうです。

宮川地区の皆さんが主体的に、空き家問題に取り組んでいらっしゃるそうで
街づくりのいろいろなお話が聞けるのを楽しみにしています

(わたしも参加させていただく予定です

興味のあるかたは、参加ご希望の方はFACEBOOKからお問い合わせくださいね 


今週はすこし暖かくなりますように
雪道、怪我のないようにお気を付けください


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★


ちあき

IMG_8257


おはようございます

森本建築の事務所、そして工場にも赤いポスターを貼らせていただきました!

3/11 レッドシューズ in 名田庄 



昨年は 京都南座がお休みに入る前に、中村獅童さんの歌舞伎「あらしのよるに」を
観劇に行きました。

あの時舞台の上で見た獅童さんが まさか名田庄に…!
とっても楽しみです
 
当日は名田庄ぶらっとにて、豪華メンバーの公演に加え、地元の皆さんが美味しいもの・地のものをご用意してくださるそう…

思い出に残る1日になりそうです

「チケットのとり方がわからん~!」という方は森本までご連絡くださいね


日差しを有効活用して、今日もぼちぼちいきましょう~!

★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★


ちあき
 

おはようございます


一昨日のブログで木の強度について書いていましたが
今日はその逆。木が弱る原因とは?


それは「腐朽」、つまり「くさること」です。 


木が腐る一番の原因は湿気(水)だと言われます。


湿気のある状態が続くと、その箇所から”木材腐朽菌”という菌が繁殖し、さらに水分を吸収しやすくなり、木を腐らせてしまいます


木材腐朽菌の繁殖要件は以下の4つです。

①温度…温度15~30度前後が発育に最も適していると言われています。

②湿度(水分)…湿度85%以上・木材の含水率が25%以上になると発生条件が整います。

③空気…水中に貯木している木材は腐らない。

④栄養分…木材のこと。



放置されている空き家のほとんどは人の出入りがなく、扉や窓を閉め切っています。
風が通らず、空気がよどみます。
そうすると木材腐朽菌の繁殖要件がそろい、家を支える柱や梁が腐っていきます…。
そこにシロアリや動物が住みつくと、劣化はさらに早まります


ちなみに、排水管には『排水トラップ』が設けられており、ここには常に水が溜まった状態になっていて、臭気の逆流を防いでいます。「封水」と言います。
キッチン、トイレや洗濯機など、使われないまま置いておくと、排水トラップの水が蒸発し、悪臭の原因にもなります




家を長持ちさせる第一条件は「人がそこに住むこと」

風を通す、湿気を放置させない、水分を拭き取り乾かすひと手間がとても重要です。


暖房や加湿器で、あちこちに水滴ができやすい季節。
寒いけれど換気もして、気をつけてあげてみてください


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★


ちあき

このページのトップヘ