規 矩 準 縄

森本建築のスタッフが日常をお届けしています(^^♪

タグ:瓦

おはようございます

寒いけれど、今日は晴れやかです。


最近は、おおい町のいろいろな空き家を調査しています。

その中で、名田庄地区で調査した空き家。
可愛らしい瓦が乗っていました。
IMG_6827

あまり見たことのない、兎が描かれた瓦です。
しかもよく見るとこの兎、波に乗っています。


【波】は「日除け」、つまり火災から家を守ってくれるモチーフ
(水という文字をあげている蔵をよく見かけますね)

【兎】は月の使い。多産の兎は「子孫繁栄」を意味するのでしょう。


波を渡る兎というと、私の中では出雲の因幡の白兎が思い起こされますが
この兎と波が対になったモチーフは、能楽『竹生島』が由来だと云われているようです。
『竹生島』のなかに、こんな一説があります。


“ 竹生島も見えたりや
 緑樹影沈んで
   魚木に登る気色あり
 月海上に浮かんでハ 
   兎も波を奔(カケ)るか
 面白の島の景色や ”

(島の緑豊かな木々の影が湖畔に映り、魚たちが木を登っているように見える。
月も湖面に映り浮んで、月に住む兎も波間に映る月明かりを奔けて行くようだ。
なんとも不思議な島の景色よ。)



また、竹生島にある宝厳寺・都久夫須麻神社は、宮島の大願寺・厳島神社 、 江ノ島の江島神社と並び日本の三大弁才天とされています。

(ちなみに弁天は元々、ヒンドゥー教における、川の女神サラスヴァティ。
インダス川の神格とも言われています。)


この波兎の瓦は、滋賀や福井で多く見られるものだそうです。

水の神、竹生島、琵琶湖、波と兎、滋賀から福井へ…
どういう必然性があってこの瓦ができあがったのか、またなぜ名田庄へやって来たのか気になります。
ルーツや つくり手である職人の分布、調べてみると面白い発見がありそうです。

何が言いたいのかわからない中途半端な内容のブログになってしまいましたが…
今日も張り切って~!


表

裏

空き家見学ツアー、まだまだ参加者募集中です!
気になることがございましたら、お気軽にお電話(℡0770-67-2698)くださいね


≪森本建築ホームページはこちらから≫


ちあき


おはようございます!

寒の戻り!寒い一日ですね


小浜市Y様邸から。

IMG_2654

正面の庇に葺かれているこの瓦。
これは、お施主様の昔の家に使われていたものです。

ご家族の思い出がたくさん詰まった、懐かしい家の瓦。

新しい家の雨を除け、また家を守ってくれるのでしょう


寒暖差が激しい春です。
お体に気を付けて、よい週末を


≪森本建築ホームページはこちらから≫



ちあき

 

おはようございます。

月曜日は中名田工場の整理整頓を行い、祝日をむかえました。

IMG_5197



今日からまた、お仕事再開です。


先日棟上げを行いました、名田庄井上O様邸では
屋根瓦が敷かれ始めました。


IMG_5210
↑「どんどん出来ていくなぁ~。」




さてさて、タイトルにもありますように、ホームページの「施工事例」を更新いたしました。 
(久々の更新です。のんびりしており すみません。。)

BlogPaint

★平成26年3月に完成しました井上O様邸(新築)
★平成25年12月に完成しました三重Y様邸(リフォーム)

が新たに加わりました。

それぞれ雰囲気の異なる素敵なおうちです。

ぜひ、覗いてみてくださいね。
森本建築ホームページ



ちあき




このページのトップヘ