規 矩 準 縄

森本建築のスタッフが日常をお届けしています(^^♪

タグ:建築

おはようございます。

連日の大雨。
お隣京都の土砂崩れや各地の被災状況を知った方から「おおい町は大丈夫?」とお声かけいただきました。幸いこちらは大きな被害はありませんでした。

まだまだ、あちこちで救助活動が続いているようです。
一日も早い被災地の復興をお祈り申し上げます。




今夜の「プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)」
左官職人の久住有生さんが登場します。
3歳からコテを握り、伝統建築や商業施設などの仕事を手掛け 世界で活躍する左官職人です。

キャプチャ

放送は午後10時25分から。
日本の住まいに古くから存在する土壁のこと、職人の技や思考に触れられるのでは と思います。

少し遅い時間ですが、興味がありましたらご覧ください。


まだまだ花粉症の影響を受けている昨今。
杉の木のお話を少し。

杉


杉の木は他の針葉樹に比べて成長が早く、乾燥させると軽くなり、加工しやすいのが特徴。
建築材としてもよく使われます。


奈良・正倉院の宝物は杉の木の入れ物に保存されていました。
杉には、調温作用、調湿作用はもちろん、オゾンや二酸化窒素など宝物を劣化させるような物質を吸着してくれる機能があることが最近の研究で証明されています。


杉の木は、ほかの木に比べて まっすぐ太く空へと伸びて成長します。
古来から神様は高天原(たかまがはら)から地上界に 杉の木を伝って降臨してくると伝えられてきました。

また、スサノオノミコトが唐の国に出向いた時、木がなければ舟も作れないだろうと言って、自分の体毛を抜いて植えました。その体毛が杉の木になったと語り継がれています。


杉の木がなければ神様は降りてこられない。
天界と地上の橋渡しをしていると考えられているんですね。

神社がよく杉の木で囲まれているのも その為??
そう思うと、花粉症もすこしは我慢できる‥‥はず。


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★


ちあき
 

おはようございます。
今朝は工場から

細かい造り。綺麗です

IMG_9379

IMG_9378


「アリ」「ホゾ」「鼻栓」「込み栓」「貫」「長押」…
大工職人同士が話しているのを聞いていると
わたしには「????」な単語が飛び交います。
それぞれの単語、どんな形・意味か想像つきますか??


大工言葉、よく聞いてみると面白いんです。 


「鴨居」「犬走り」「馬」「蛙股」といった、生き物の名前だったり


「目潰し」などといった ちょっと怖い言葉も。
ちなみに目潰しとは、“大きな石を並べたときにできる透き間を、砂利や砂で埋めること”です。


職人さんの会話ではそういった特殊な単語がバンバン飛び交うので
「ん??いまのなに??」と思いながら調べてみるのもまた勉強になります


きょうもがんばしましょう~!


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★


ちあき

IMG_9376



つくしに ふきのとうに 菜の花
春らしい草花が目立つようになりました。



今日は一日中、運転運転。

IMG_9377

↑これを持っていろんな所にお邪魔させていただきました。

置かせていただいた店舗や施設の皆様に感謝です。
この本がたくさんの方の目に留まって
日本の・地域の伝統や、自分の家の歴史にすこしでも興味をもってもらえるといいなぁと思います。


運転中は日差しを浴び続け、顔の右半分だけ日焼けした気がします…。


土曜日はまた寒くなると聞いています。

体調崩されませんよう。


ちあき

晴れるのかと思いきや、雨ですね。

小浜市の現場は、外壁・内装の仕上げに向かっています。
現在、外観はこのような感じ。
IMG_6069


ここからさらに、腰板以外の壁部分を仕上げていきます。
IMG_6070



砂壁状の吹付材(リシン)を吹き付けて仕上げます。
こちらのお宅は和風なので、壁のイメージはこのような感じ。
DSCN5507


外壁の工法も種類があり
スプレーガンで吹き付ける工法(吹き付け)や、表面を剣山のような道具やブラシなどで粗削りする,
もしくは仕上がり後の壁を削って仕上げる工法(掻き落とし)、リシンをより厚塗りする工法(スタッコ)など様々です。



ちなみに洋風の外壁だと、ツヤツヤしたようなものや
粒が大きくぷっくりとしたものがよく使われます。
tairu_01

suginamiku-gaiheki00111-1




皆さんのお宅の外壁はどのような質感・工法でしょうか?
家の周りをぐるっと見てみるのも面白いかもしれません  


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★


ちあき

このページのトップヘ