規 矩 準 縄

森本建築のスタッフが日常をお届けしています(^^♪

タグ:大工

3月になりました。

弥生。
草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月」です。


今朝は冷え込んでいましたが、日差しが暖かく、ようやく春らしい天気


小浜市の現場、今日はシステムバスの組み付けです。


内装も、着々と。

IMG_5994

IMG_5991


ピアノ室は調音性のあるパネルが貼られていきます。
IMG_5995


本格的に暖かくなったら、新居にお引越しですね


外壁、大工工事も少しずつ終わりに近づいています。
職人の皆様、仕上げの作業よろしくお願いいたします!


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★

ちあき

今日はまた冷え込みましたね。
事務所の前は凍てています…

昨日は、社長と宗岡大工と一緒に、
一昨年夏に完成した本郷のお客様のお家のメンテナンスにお邪魔してきました。

室内に土間を設けた、京町家風の建物です。

そういえば、こちらのお宅に夜にお邪魔するのは初めて。
IMG_8131
家の中から漏れ出す光がとても美しい。

こちらのご主人は、襖の柄や照明器具一つ一つにまでこだわりを持ってらっしゃって
お引き渡し後も 日々のお仕事の合間を縫って自ら造園をなさったりしています


この階段の照明が素敵でした。
満月を眺めているようです。
IMG_8130



今日は大寒。
季節は春に向かいます



とは言えまだまだ厳しい寒さです。
体調崩されませんよう、お気を付けください。


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★

ちあき
 

昨日は雪でしたね!


土曜日の現場の様子

大工工事も着々と進んでおり、床も貼られてきています


キッチン脇に北山杉の丸柱。
スッと3本、綺麗に並んでいます。
IMG_5812



こちらは玄関上部。
後々隠され見えなくなってしまいますが、立派な梁が家を支えています。
雪が吹き込まないようにブルーシートでブロック!
IMG_5816

 


そして宗岡大工が手にしているのは断熱材・・・ではなく「吸音ウール」です。
なぜ吸音ウール??この後の工事をお楽しみに
IMG_5818
 


ちなみにこの日の休憩は、志保重さんの苺大福をみんなでいただきました
IMG_5819
ごちそうさまでした!


★社長ブログはこちらから★

≪森本建築ホームページはこちらから≫


ちあき 

ついに、雪が降りました。

IMG_5806

工場がある中名田もこの通り、真っ白です。



今日のブログのタイトルは 白居易の「寄殷協律」から。文字化けではありません。

四季おりおりの美しい眺めを雪月花と言いますが、雪にも色んな表現があります。



「粗目雪」 とけたり凍ったりを繰り返してできた粗い雪

「雪持ち」 雪が枝や葉に積もっている様子
 
「綿帽子」 樹木などに積もった雪

「灰雪」 灰のようにふわふわ舞う雪

「松の雪」 常緑の松の枝葉に積もった雪

「垂り雪」 枝や屋根などから落ちる雪

「風花」 風上の降雪地から、風にのって流されてきた雪

「瑞雪」 おめでたいときの雪

今日は社長の誕生日。瑞雪です。

IMG_5798


寒さが厳しくなります。

体調管理に運転も、お気をつけて。 

≪森本建築ホームページはこちらから≫


ちあき

おはようございます


サボり気味のブログ…がんばって更新します


朝の冷え込みが厳しくなりました
冷え性のわたしはネックウォーマーを解禁しました。


手も固まってしましそうな寒さですが
大工さん達は朝から工場で墨付け・加工を行っています。

IMG_5148


小浜市 東野様邸 の新築工事に使用する木材です。
一本一本手刻みで造る「木組みの家」。


いまはプレカット加工が多くなり、こんなふうに木材に墨付けし、手で刻み
家を組みあげることは少なくなっています…。

IMG_5149

こういった手加工の様子を間近で見られるのは、とても貴重なことなんですよね…。


工場での墨付けや加工の様子、皆様にもご見学いただけますので
興味のある方はご連絡ください♪

※工場は小浜市和多田にございます。
※TEL 0770-67-2698 平日・土曜のAM9時~PM5時まで受け付けております



それからもうひとつ
11/13(日)にちょっとイベントを企画しています。
おおい町の「空き家」を見学するバスツアーです。
家を探している方、お店や事務所をお探しの方、リノベーションに興味のある方…実際にある空き家を見学いただいて、イメージを膨らましてみるのも楽しいかと思います。
おおい町の活性化にむけて まだまだ計画中ですので、詳細は追ってお知らせいたします


では!今日も頑張りましょう~

≪森本建築ホームページはこちらから≫


ちあき
 

このページのトップヘ