玄関の由来をご存知でしょうか。


 元は中国『老子』の「玄の又玄なる衆の妙なる門」による語で
日本では鎌倉時代に禅宗で用いられた仏教用語です。

「玄」は奥が深い悟りの境地を意味し、「関」は入り口のこと。
玄関は玄妙な道に入る関門、つまり奥深い仏道への入り口を意味していました。

室町以降、禅寺の出入り口には“ここは奥深い仏道への入り口”と示すために
『玄関』と文字が掲げられていたそうです。 

式台のある出入り口が一般の住宅にも取り入れられた江戸時代からは
一般の家屋にも『玄関』という言葉が用いられるようになりました。 



住宅において大きな意味を持つ玄関。

いつも綺麗にしていますか? 


森本建築ホームページ★
★社長ブログ★

ちあき