おはようございます


一昨日のブログで木の強度について書いていましたが
今日はその逆。木が弱る原因とは?


それは「腐朽」、つまり「くさること」です。 


木が腐る一番の原因は湿気(水)だと言われます。


湿気のある状態が続くと、その箇所から”木材腐朽菌”という菌が繁殖し、さらに水分を吸収しやすくなり、木を腐らせてしまいます


木材腐朽菌の繁殖要件は以下の4つです。

①温度…温度15~30度前後が発育に最も適していると言われています。

②湿度(水分)…湿度85%以上・木材の含水率が25%以上になると発生条件が整います。

③空気…水中に貯木している木材は腐らない。

④栄養分…木材のこと。



放置されている空き家のほとんどは人の出入りがなく、扉や窓を閉め切っています。
風が通らず、空気がよどみます。
そうすると木材腐朽菌の繁殖要件がそろい、家を支える柱や梁が腐っていきます…。
そこにシロアリや動物が住みつくと、劣化はさらに早まります


ちなみに、排水管には『排水トラップ』が設けられており、ここには常に水が溜まった状態になっていて、臭気の逆流を防いでいます。「封水」と言います。
キッチン、トイレや洗濯機など、使われないまま置いておくと、排水トラップの水が蒸発し、悪臭の原因にもなります




家を長持ちさせる第一条件は「人がそこに住むこと」

風を通す、湿気を放置させない、水分を拭き取り乾かすひと手間がとても重要です。


暖房や加湿器で、あちこちに水滴ができやすい季節。
寒いけれど換気もして、気をつけてあげてみてください


★森本建築ホームページ★
★社長ブログ★


ちあき