おはようございます


先日 工場で木材を整理していたら あまり見たことのない木が出てきました。

image
 

水木(ミズキ)という木だと、大工さんが教えてくださいました
春先に枝や幹を切ると水がしたたり落ちるほど吸水力が強いという特徴から、この名前が付いたそうです。


木肌が白く、加工性に優れているためこけしや寄木細工、お椀、柳箸などに用いられます。



新築工事の際には、「棟札」 や「槌」をこの水木で作成します。
【水】は繁栄を意味し、火事から家を守るという意味合いも込められています


「なにかに使えそう~」と持ち帰ってきたのですが
さて、どう加工しよう…。アイデア募集中です。


廃材、工場にまだまだたくさんあります
良かったらぜひお持ち帰りください。

 廃材譲るチラシ
工場地図


≪森本建築ホームページはこちらから≫



ちあき