規 矩 準 縄

森本建築のスタッフが日常をお届けしています(^^♪

ベランダ、バルコニー、テラス。
どれも似たような形状ですが、違いをご存知ですか?



ベランダは

建物から外面に張り出した屋根のあるスペースのこと。


バルコニーは

2階以上の、建物から外に張り出した部分のことで、屋根のない手すり付きの台のこと。


そしてテラスは

建物の1階部分から、床と同じ高さで庭や街路に向けて張り出したスペースのこと。


と、区別されているようです。


また、パーゴラというものもあります。

住宅の軒先や庭に設ける、つる性の植物を絡ませる木材などで組んだ棚のことで、藤棚がこれにあたります。

o0384021614121842310



となりのトトロのサツキとメイの家に設置されているのもパーゴラです。

o0408030614121842300

サツキとメイの家は和洋折衷の文化住宅で、日本の伝統的な家屋に、白い壁の洋風の2階建てが附設されているという、ちょっと変わった造り。

昭和初期に別荘として建てられたこの住宅を、草壁家が借りて暮らしはじめる、という設定のようです。

草壁家が引っ越した当時はマックロクロスケが現れるほどのススだらけの空き家でした。

日本の住宅には欠かせない、瓦。
瓦が日本に伝えられたのは、588年ごろのことです。


百済からお寺を作る技術者、寺工(てらたくみ)と一緒に、瓦博士である麻奈父、奴陽貴、文陵貴、文昔麻帝弥の四人が渡来したという記述が日本書紀に残されています。


日本で最初に瓦が使用された建物は、蘇我馬子が建てた法興寺(飛鳥寺)です。

596年に完成し、その後、遷都に伴って710年に平城京(現在の奈良市)に移転され、元興寺と名前を変えて今も現存しています。



ここ若狭でも瓦の製造が行われていました。
若狭瓦の生産が本格的に行われるようになったのは江戸時代の初期で、小浜城築城の頃からだと考えられています。

若狭瓦は、だるま窯という独特の窯でいぶし焼きにして造られます。特に相生から口田縄地域にかけては、良質な粘土が採れ、河川沿いで川舟運搬に適していた為、若狭瓦はこの地の代表的な産業として栄えていました。

しかし住宅産業の変化や後継者不足により、残念ながら2010年に生産が終了してしまいました。





北海道小樽市の指定歴史的建造物の中にも若狭瓦が用いられていたようです。
旧名取高三郎商店の大棟鬼瓦に刻まれた「瓦製造商/若狭遠敷郡口名田村/四方吉次郎」の文字。
natori_omune_kokuin
歴史的建造物の瓦の葺き替え工事の際にこの刻印が見つかったとのことです。



若狭で焼かれた瓦が北前船に載って、遠く北海道にまで届けられていました。
寒さが厳しい北海道で活躍するほど、若狭瓦は耐久性に優れた良質な瓦だったのでしょう。


大寒らしく、雪が降り続いています。

現在の中名田工場から。
IMG_6415

まだうっすらと積もっている程度ですが
明日の朝が心配です。 


雪や凍結による事故が増える時期ですが、屋内でも注意が必要です。
気温差により血圧が急変動し人体に悪影響を及ぼすヒートショックが多発します。

脱衣場から浴槽、居間から洗面所など気温差の大きいへの場所の移動の際は
くれぐれもお気を付けください。

脱衣場や洗面所などをあらかじめ暖房器具で温めたり、湯船のフタを開けておいたりと
急激な温度差をなくす工夫してみてくださいね。



おはようございます。

毎日厳しい寒さ。
いつ大雪になるのかとヒヤヒヤしています。


タカラスタンダードさんより、新春キャンペーンのお知らせ

タカラスタンダード敦賀ショールームにご来場・お見積もりをされた方に
記念品をプレゼントしています。

暖かくなってから新築やリフォームをご検討されている方
ショールームで使い勝手を体感してみてはいかがでしょうか?

※新春キャンペーンは2月28日までです。

キャプチャ



今日はセンター試験ですね。
受験生の皆さん、頑張ってください

明けましておめでとうございます。
今年も皆様にとって良い年になりますように。

※森本建築は6日から、通常通り営業再開いたします。


今日は朝から、屋根の上がガタガタと騒がしく…
強風というわけでもないのになんだろう?と外に出てみると
猿の群れが屋根に登っておりました。
B75C239A-2DFE-4CB6-83E0-F64950207D75


お隣さんの屋根にも、畑も…
FE2F55B9-CF26-410D-AC8C-03D9E1227FA8

B9963DF5-A82D-48A4-AB5C-B6C4665E48A7

5匹ほどでウロウロしていました。
くれぐれも、戸締りにお気を付けください



本年もよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ