規 矩 準 縄

森本建築のスタッフが日常をお届けしています(^^♪

11月19日(日) おおい町名田庄地区にて、空き家見学ツアーを開催します。 名田庄は、京都京北から福井県高浜町を結ぶ 西の鯖街道のルートのひとつです。 かつては若狭湾で水揚げされた海産物や塩が京都へ運ばれ、また京都の文化がここを通って若狭にもたらされました。 安倍晴明で知られる「陰陽道」との関わりの深い地域でもあります。 (某テレビ番組、ア◯ビリバボーで取り上げられたことも…) キャプチャ1
キャプチャ2
ツアーは13時から。 里山文化交流センターぶらっと を出発し、バスで名田庄内を回ります。 お家や店舗をお探しの方、田舎の暮らしに興味がある方。 ぜひご参加ください♪ お問い合わせは森本まで。 お電話は、平日の9時から17時まで受け付けております。 (電話0770-67-2698) では、よい連休を!

「木守」


IMG_2608



「来年も豊作でありますように…」と願いを込めて。

全ての柿の実を収穫せず、ひとつだけ残す風習があります。

残された柿は「木守」と呼ばれ、和菓子の意匠にもなっています。


今年のカレンダーもあと二枚となりました。





“サプール”をご存知ですか?

20170822-00074791-roupeiro-000-8-view


世界のなかでも貧困国と言われ、まだまだ内戦が続くコンゴ共和国で
高級で洗練された衣装に身を包み、非暴力を訴える人々のこと。

先週末、札幌駅を歩いていると たまたま彼らを見かけました。

彼らの写真展が大丸札幌店で開かれており、それに合わせて
来日していた(散歩中?)のところにバッタリ遭遇したのでした。


サプールについて、詳しくはこちらから
⇒ 《インタビュー》世界一お洒落な男たちの「美学」


カラフルでお洒落、背筋を伸ばしてにこやかに歩く姿はとても美しかったです。

昨日は、緑のクラフトマーケットにご来場いただきましてありがとうございました。

台風接近のニュースに どうなるんやろ…心配していましたが、雨の降る中 本当にたくさんの方が 中名田の工場に足を運んでくださいました。


また、昨日のイベント終了後に、遊びに来てくださった方から『楽しかったよー!』『ありがとう』とたくさんのメッセージをいただきました。


こうして皆で楽しい時間を過ごせたのも、企画から運営までご協力いただいた素敵な出店者さんのおかげです。心よりお礼申し上げます。


お越しいただきました皆様、出店者の皆様

本当にありがとうございました!

IMG_2536



今後の台風情報に注意して、怪我のないようくれぐれもお気をつけください。

馬酔木

IMG_2336



読めますか?






「あせび」です。


山に自生しているこんな木、見たことある方も多いと思います。

IMG_2343



この木の葉を馬が食べると麻酔状態になってしまうことから、馬酔木という名前がついたそうです。


Y型になっている馬酔木の枝は、生け花の花配りに使用されます。

しなりやすく、加工しやすいためです。



剣山が無かった時代は、こうして枝を利用し花を生けて楽しんでいました。

IMG_2344



このページのトップヘ